他の薬と違うレビトラの特徴

三大ED治療薬の一つのレビトラは有効成分が塩酸バルデナフィル水和物という成分であり、この成分は他の二つのED治療薬に含まれている成分と比較すると水に溶けやすいという性質の違いがあります。
この違いがあるためにレビトラは服用すると短時間で吸収されて効果が現れやすいという特徴があります。
他のED治療薬の場合は薬の効果を出やすくするため空腹時に服用した場合でも早くて30分程度の時間が掛かりますが、レビトラの場合は15分から20分程度で効果が現れると言われています。
持続時間については10mgで5時間程度、20mgならば10時間程度は効果が続き、薬の効果が早くでてくるといっても効果が切れてしまうのまで特別早くなるという訳では無いです。
その他の特徴としては食事の影響を受けにくいという事が挙げられます。
レビトラより先に登場したED治療薬の欠点の一つとして食事の影響を受けやすいという問題があり、その問題を改善して登場したのがレビトラです。
ただし、たまに誤解している人もいるのですが食事の影響を全く受けなくなるという訳では無いので、その点については注意が必要です。
効果を最大限生かしたいのであれば空腹時に服用するのが望ましいという点では同じであって、食事をするのであれば脂肪分の多い食事は避けてあまり食べ過ぎないようにして食後2時間程度空けてから服用するようにした方が良いです。
レビトラの主な特徴は以上の通りですが、その他には他の治療薬とは違って抗真菌薬やHIV治療薬の中には併用禁忌のものもあるので、これらの薬を用いている場合は必ず事前に医師に伝えておく事が大切です。
硝酸剤と併用する事が出来ないという点では他と共通していますが、それだけでは無いので注意して下さい。

レビトラと他の精力剤の価格の違い

レビトラと他の精力剤の価格の違いは、そのレビトラが先発医薬品なのかジェネリック医薬品なのかでまず分かれます。
基本的に、レビトラに限らず医薬品として提供されているED治療薬には保険を適用されることが出来ませんので、それ相応の費用を支払わなくてはいけません。
多く処方してもらう時には2000円以上の費用が必要になりますし、継続的に利用するのならばそれ以上の費用が必要になります。
反対に、同じレビトラであってもジェネリック医薬品という分類ならば半値以下の1000円未満で購入することも出来ますので、一概にはいうことが出来ないということをしっかりと認識しておくことが重要でしょう。
少なくとも、医薬品として分類されているED治療薬ならば保険の適用がありませんので似たような費用が必要になります。
また、ED治療薬と単純な精力剤の価格の比較では医薬品として分類されるのか、それとも医薬部外品として分類されるのかと違いもあります。
一般的に、医薬品というのはそのままの意味で医学的な見識からその効果がきちんと存在すると証明されているもののことを意味しますが、医薬部外品というのはきちんとした医学的な効果が認められているものではないもののことを意味します。
カテゴリー分けをすると精力剤は健康補助食品的な立場になりますので、医薬品と比較すると価格は安くなる傾向にあります。
一般的に、精力剤のように大量生産が認められている製品に関しては市場に多くの製品が出回りますので必ず価格が安くなります。
一方で、日本国内ではジェネリック医薬品に指定されていないレビトラのような薬は数が限られますので必ず価格が割高になるということを知っておくことです。

レビトラの成分とその作用

EDに悩まされている人にとって強い味方であるレビトラに含まれているEDに効果がある成分はバルデナフィルです。
このバルデナフィルがどのようにしてEDに対して効果があるのか、その作用について理解するためには、まずは勃起がどのような作用で起こるのかを理解しておく事が大切です。
勃起の仕組みについて説明をすると、性的な刺激を受けると神経伝達物質である一酸化窒素が働いてcGMP(環状グアノシンーリン酸)という物質が生成されます。
この物質は血管を拡張させる作用があり、その作用によって陰茎の海綿体に血液が流れて貯留し勃起状態となります。
勃起状態というのは性的な刺激が無くなると次第に元に戻っていきますが、その理由については体内にはPDE5(ホスホジエステラーゼ5型)と呼ばれる酵素が存在している事が挙げられます。
PDE5は先ほど説明した勃起の原因となる血管を拡張させる物質であるcGMPを分解する役割がある酵素で、この酵素がcGMPを分解する事で次第に元の状態に戻っていくのです。
以上が勃起についての簡単なメカニズムの紹介となりますが、レビトラに含まれているバルデナフィルがどのように作用するのかというと、バルデナフィルはPDE5の働きを阻害する作用があり、cGMPが分解されるのを阻止してくれるのです。
つまり、性的な刺激を受ければ勃起しやすくなって、一度勃起した後は薬の効果が続く間は元の状態には戻りにくくなるという事になります。
誤解しないでほしいのは作用の仕方について説明した事を理解すれば分かる事なのですが、レビトラには性的な刺激を引き起こす効果は無く、服用しただけで自然と勃起するという事は無いので、勃起させる場合は何かしらの刺激が必要となります。

▼レビトラも処方可能なクリニックをお探しの方はこのサイトを見てみましょう
東京でED治療ができる病院を探す
▼こちらは作用時間が非常に長い事で有名なシアリスのジェネリックです
メガリスで勃起力向上
▼レビトラ等のED治療薬をはじめ、様々な医薬品を取り揃えております
薬を個人輸入するなら通販サイトを利用しよう

ページの先頭へ戻る