性に関する悩みとパートナーとの夜の過ごし方

今現在、恋人がいる方もいない方も夜になると性に関して悩んでしまう事があるのではないでしょうか。

悩みの種類は人によって様々でしょう。
10代では性に関する知識や経験不足により襲ってくる不安感。恋人ができた際の自分なりの付き合い方や相手に対する気持ちの向け方。
20代では周りの雰囲気に流されたり自分探しをする時期でもあり、パートナーとの時間を大切に考え始めるのではないでしょうか。そういった理由から特定のパートナーとの親密な時間を求める様になるかもしれません。
30代、40代となると結婚や出産を経て毎日の忙しい夜の時間を夫婦でどのように作るかを考えるかもしれません。

ただどの年代にとっても、個々の性に関する悩みはそうあからさまに周囲に表せるものではありません。パートナーにさえ言えない事もあるかもしれません。
一人一人様々な悩みを持つ中で、それなりにパートナーとのペースを大事に夜の時間を過ごすのです。それはパートナーを気遣う愛情に他なりません。

ただ意欲的な面ではいかがでしょうか。
いくら相手を愛していても自分のコンディションの問題で時間を持てない事もあるはずです。また逆に相手を気遣うあまり無理をしてしまうケースもあるかもしれません。
いずれにしても双方の欲を満たす事が叶わなければ、その中間を取る事が無理のない付き合い方と言えるでしょう。
特に夜は人それぞれフリーに当てられる時間が違う事とまた限られる中で、翌日の為にコンディションを整える等自分自身の時間も必要です。
双方の無理の無い夜の時間を作る為には、自分自身への正直な気持ちと相手への小さな気遣いが毎日の生活の中でとても大切になってくるのではないでしょうか。

ページの先頭へ戻る