持病がある人、現在服薬中の人はレビトラ服用に注意

レビトラは他のED治療薬に比べて即効性があり、効果が強いのが特徴です。
レビトラを利用するときに注意が必要なのは、狭心症の治療などでニトログリセリン系統の薬を飲んでいる人です。
この系の薬には、飲み薬・舌下錠・貼り薬・吸入薬・注射・スプレーなどがあります。これらのどれを使っている場合にも、レビトラとは併用することができません。一緒に使ってしまうと、血圧が低下しすぎてショック状態に陥り、最悪の場合には死亡することもあるからです。
レビトラは陰茎にあるPDE5(ホスホジエステラーゼの5型)という酵素の働きを抑えることで、陰茎の平滑筋を緩めて全身の血流を良くする働きがあります。ニトログリセリンもこれと同じように血流を良くする作用があるので、併用すると危険です。

また、コントロールできていない高血圧の人も同様にレビトラを使うと血圧に影響が出るので使えません。
重い腎臓病や肝臓病の人の人は排出や解毒がうまくできない可能性があるので、医療機関では処方できないことになっています。
持病がある人や、そのための治療薬を使っている人は自己判断でレビトラを使わずに、必ず医師に相談してみるようにしましょう。

レビトラを使って、胎児に対して奇形などの影響があったという報告は今の所ありません。世界中の男性が使って健常な子どもをつくるのに成功しています。
あくまでも男性側の全身の血流を良くして、その結果勃起を起こしやすくする薬なので、パートナーの女性に対しても影響はないです。
ただし、治療薬を使っていることを告げずにSEXして、後で揉めるということにならないように注意しましょう。

ページの先頭へ戻る