EDの原因、なりやすい年齢と自慰の影響

EDになるにはいろいろな原因があります。心理的な要因が大きいこともあれば、身体的になんらかのダメージがあることによって勃起しなくなったり、またはその混合型であることもあります。
自分がどうしてEDなのかをきちんと見極めることで、適切に治療することができ、EDを克服することができます。

その中でもEDになりやすい年齢・世代というものがあります。
若い人から年配の人までEDに悩んでいる人はいますが、40代前後の人はなりやすい傾向があります。
なぜ40代前後の人がなりやすいのかというと、男性ホルモンが減少してきて、勃起に関わる状態になる傾向があるからです。また、40代くらいになると糖尿病や高血圧などの病気に悩まされだす人も少なくなく、これらの病気が原因となって、EDになってしまうこともあります。
さらに、40代から50代くらいの男性は、仕事においても責任のある役職に就いたり、なにかとストレスの多い生活をしている傾向があります。このストレスによって、上手に勃起することができなくなってしまうということもあります。
場合によってはED治療薬を使用することによって、勃起する力を取り戻すことができるので、適切に使用することが大切です。

また、中には自慰のしすぎで女性との性行為の時にEDとなってしまうのではないかと悩んでいる人がいます。
若い人は頻繁に自慰していることも多く、それによって中折れしてしまったり、勃起しなくなっているのではないかという悩みもあります。若い人は必ずしも自慰のしすぎはEDになるということではありません。
以前の女性との性行為の途中、中折れしてしまったり、なんらかの失敗をしてしまったことにより精神的なダメージを負ってしまい、それが原因となって上手に勃起できなくなってしまうことがあります。その場合もED治療薬を使用し、自信をつけることによって精神的なダメージを克服し、EDを治療できることが多いです。
精神的な面だけではなく、自慰する時に過度に力を入れて握ることにより、女性器の刺激では興奮することができなくなるというケースもあります。また、自慰する時に過激なAVを見すぎることによって、ノーマルな性行為では反応しなくなってしまうこともあります。その場合は、自慰を控えるようにして、過激なAVも見ないようにすることで、治療できることがあります。

ページの先頭へ戻る